NUKOTE日本総代理店 金森藤平商事株式会社
NUKOTE ポリウレア
What's Polyurea ?

ポリウレアとは - 施工仕様 -

Spec

ポリウレアの施工仕様

ポリウレアの施工は、下地や用途に応じて柔軟な施工が可能です。組合せ次第で様々な環境への対応が可能です。
下地
×
用途
組合せ
施工仕様例1
コンクリート or 金属下地、プライマー、ポリウレア
コンクリート or 金属下地 プライマー ポリウレア
施工仕様例2
コンクリート or 金属下地、プライマー、パテ材、ポリウレア、トップコート
コンクリート プライマー パテ材 ポリウレア トップコート
金属下地 錆転換剤 プライマー ポリウレア トップコート
施工仕様例3
スペック

コンクリートの場合

旧塗膜・付着物除去後、ケレン・脱脂を行ないます。適切なプライマーを塗布し、下地の状況によってはパテ材などを使用する事で不陸調整、ピンホールの発生を抑えます。ポリウレアの用途に応じて、種類・塗布厚みが異なります。また芳香族のポリウレアを塗装した場合は、状況に応じてトップコートの使用を推奨しています。

金属下地の場合

旧塗膜除去後、ケレン・脱脂を行ないます。金属面の下地や錆の状態によっては、錆転換剤などで黒錆に変えた後、適切プライマーを塗布してください。ポリウレアについては用途に応じて、種類・塗布厚みが異なります。また芳香族のポリウレアを塗装した場合は、状況に応じてトップコートの使用を推奨しています。

スレート/金属折板屋根の場合

スレート屋根の場合、高圧洗浄をする事なく簡単な清掃のみでプライマー作業を行う事が出来ます。欠損部についてはスレート・金属屋根共に穴埋め処理が必要となります。 プライマー塗布後ポリウレアの吹付作業を行います。長期間の供用に対応する為、ウレタン系トップコート、オプションで遮熱トップコートの使用を推奨しています。

※近年増加する台風による屋根の吹き飛び対策として、ポリウレアの活用は有効な対策方法となります。 ポリウレア屋根補強については、専用ページがございますので、是非確認をお願い致します。


ポリウレア屋根補強の詳細

Process

ポリウレアの施工手順例

1.下地処理
既設コンクリートの場合は、脱脂・ケレンや脆弱部等の除去、クラック欠損の補修。鉄面の場合は、脱脂・ケレンや状況により錆の撤去等。
2.不陸調整
下地がコンクリートの場合、状況や目的用途により、パテ材等での不陸調整。
3.プライマー塗布
塗布下地や、用途によって適切なプライマーを選定。下地によっては、この工程を省略する場合もあるが、基本的には必須事項。
4.ポリウレア塗布
ポリウレアを適正な塗布厚みにて塗布を行う(吹付け、手塗り)。
5.トップコート塗布
目的に応じてトップコートを塗布することも可能。また、耐火塗料や、遮熱塗料との組み合わせも可能。
Reactor

推奨塗布機

NUKOTEの加温硬化型吹付けタイプのポリウレアは、A材・B材を事前に加温してから、吹付けを行いますので、専用の「加温式リアクター」が必要になります。弊社が推奨しております機械を下記に記載します。

【NUKOTE 加温式ポリウレア施工に必要な機材】

①グラコ リアクターEXP2 もしくはE-10 hp およびヒーターホース

②スプレーガン ヒュージョンAPガン

③200V発電機

④コンプレッサー 推奨:3馬力(2.2Kw)以上

⑤エアドライヤー 100Vもしくは200Vのエアドライヤー(2.2Kw用)

①リアクター
【推奨機械(現場施工を行う場合)】
グラコ製 加温式リアクター EXP2
グラコ製 加温式リアクター EXP2
最高動作圧力 24.0Mpa(240bar)
最大ホース長 94m
最高液体温度 88℃
吐出量    7.6L/min
重量(本体) 159kg
※現場施工でポリウレアを施工する場合にはリアクターはグラコEXP-2を推奨しております。詳しくは弊社担当者までお問合せ願います。
【推奨機械(現場施工を行う場合)】
グラコ製 加温式リアクター EXP2
グラコ製 加温式リアクター EXP2
最高動作圧力 20.6Mpa(2060bar)
最大ホース長 32m
最高液体温度 77℃
吐出量    3.8L/min
重量(本体) 108kg
※現場施工でポリウレアを施工する場合にはリアクターはグラコEXP-2を推奨しております。詳しくは弊社担当者までお問合せ願います。
②スプレーガン
グラコ製 APガン
グラコ製 APガン
最大吐出量  22.7kg/min
最小吐出量  1.4kg/min
最高使用圧力 24.0MPa(240bar)
最高液体温度 93℃
重量(本体) 1.4kg
③発電機
EXP-2を使用の場合は45KVAの発電機が必要。
例:デンヨー
デンヨー超低騒音型ディーゼル発電機
デンヨー超低騒音型ディーゼル発電機
E-10 hpを使用の場合は、25KVAの発電機が必要。
例:デンヨー
デンヨー超低騒音型ディーゼル発電機
デンヨー超低騒音型ディーゼル発電機
④コンプレッサー(200V 2.2Kw)
コンプレッサー
⑤エアドライヤー(200V)
エアドライヤー

【ポリウレア塗布機 車載型】

3tロングのアルミ車両にリアクター・コンプレッサー・発電機・エアドライヤー及びポリウレア材料を車載し、現場施工を行っております。
吹付け車外観
吹付け車外観
吹付け車内面
吹付け車内面
Contact

ポリウレアに関するお問い合わせ

ポリウレアのことでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
03-3275-1181
平日 9:00〜17:00